A-FIVE

メニューを開閉する

A-FIVE5分でわかるA-FIVEってどんな会社? A-FIVE5分でわかるA-FIVEってどんな会社?

農林漁業を活性化させ、
日本を元気にする

日本の豊かな暮らしを支え続けている農林漁業※1。しかし近年、人口の減少や高齢化の進展などにともなって担い手不足や所得減少が深刻化し、農山漁村の活力が低下しはじめています。こうした状況を打開するために立ち上がったのが、国と民間の共同出資による投資会社「株式会社農林漁業成長産業化支援機構」(A-FIVE)です。

※1 農林漁業 : 農業、林業、水産業のことで1次産業に属する。

日本の農林漁業を成長産業に導く官民ファンド Agriculture, forestry and fisheries; Fund corporation for; Innovation; Value-chain and Expansion

社名に込められた、使命

農林漁業者と言えば、自らの生産物を市場に流通させ、収益を得ているというイメージが一般的かもしれません。今、農林漁業者自らが、生産物に付加価値(加工・販売)を付けて消費者へ届けることにより、高められた付加価値を自らの収益として所得の向上に繋げている農林漁業者がいます。確かに、農林漁業者が新たな分野(2次・3次事業)へ取り組むことは資金や経営等のリスクがありますが、A-FIVEは出資により農林漁業者の皆様の資本を充実させ、他業種とのマッチングなどの経営支援を通じ、農林漁業者の新たな取り組みを支援していきます。目標は、農山漁村を活性化させ、日本経済をもっと元気にすること――私たちは、日本の農林漁業を成長産業に導いていきます。

A-FIVEを活用するメリットと
「2つのサポート」

A-FIVE から出資を受けることで自己資本が充実し、資金調達にあたって担保が必要となる金融機関からの融資などが受けやすくなり、少額の自己資金で大規模の事業に取り組むことが可能になります。また、A-FIVEは、法律に基づいて設立された政府系の投資会社、つまり「官民ファンド」です。官民ファンドから出資を受けることで、対外的な信用力があがり、原料調達や人材確保、販売力の向上などの派生効果が期待できます。さらにA-FIVEでは出資先の企業価値の向上を目指しており、出資先が抱えるさまざまな課題解決に向けた各種経営支援を実施しています。

現在は、「6次産業化」と「事業の再編・参入」に対する支援という2つのサポートを提供しています。

Support 01

農林漁業の
可能性を広げる
「6次産業化」を支援

6次産業化とは、1次産業としての農林漁業と、2次産業としての製造業、3次産業としての小売業等の事業との総合的かつ一体的な推進を図り、農山漁村の豊かな地域資源を活用した新たな付加価値を生み出す取組です。これによって農山漁村の豊かな地域資源を活用した新たな付加価値が生まれ、農山漁村の所得の向上や雇用の確保につながることが期待されています。

例えば、果物をそのまま売るのではなく、果物を原料にお菓子やジャムに加工し、さらにオリジナルブランドとして全国に販売するというのも6次産業化です。農林漁業者が6次産業化に取り組むことは、高められた付加価値がもたらす収益を農林漁業者自らが取り込むことにより所得の向上につなげることができます。

A-FIVEは、6次産業化に取り組む事業体への出資や出資先の経営陣と共に出資先が抱える課題(内部管理、販路の開拓等)の解決に取り組むなど、さまざまな角度からサポートしています。

Support 02

農業を取り巻く
周辺産業の
“事業の再編・参入”
を支援

農業の生産性を高め、高い収益力を確保することにより持続的な農業発展ができる力(農業の競争力)を強化する取組を支援するために、国が「良質で低廉な農業資材の供給」や「農産物流通等の合理化」といった農業者の努力だけでは実現できない構造的な課題を解決することを目的に、2017年8月に「農業競争力強化支援法」が施行されました。この法律をもとにA-FIVEは、農業を取り巻く関連事業者※2の皆さまに出資や各種サポートなどさまざまな支援をしています。

※2 農業競争力強化支援法に基づく、「事業再編計画」又は「事業参入計画」の認定を受けた方