ホーム > 農林漁業成長産業化支援機構とは  > 会長・社長メッセージ




会長
  堀 紘一
社長
  光増 安弘

平成28年6月30日


  当機構は、平成25年2月、農林漁業者の6次産業化の取組を支援する唯一の官民ファンドとして開業し、農林水産物の加工のほか輸出や外食など多種多様な事業への投融資を通じて、農林漁業の成長産業化に取り組んでいます。
  また、地域金融機関や農林漁業団体など関係する多くの皆様のご協力・ご賛同により、農林漁業等に携わられる皆様からの御相談にお応えできるよう、全国各地でサブファンドが設立・運営されております、
  農林漁業は、重要な地域資源であり、無限の可能性を秘めていると言っても過言ではありません。それら地域資源を有効に活用し、創意と工夫を重ね付加価値を高め、6次産業化につなげていくことは、農林漁業の発展のみならず、地域の雇用創出や経済の活性化を促し、地方創生にも大きく寄与するものと確信しております。
  当機構では、各地のサブファンドと協力した案件組成と6次産業化事業体の成長支援に取り組むとともに、直接投資を活用した大規模案件も進めるなど、更なる農林漁業の6次産業化・成長産業化の推進に全社一丸となって取り組んで参る所存ですので、引き続き、皆様の温かいご支援をよろしくお願い申し上げます。


※ 過去の会長・社長メッセージはこちら
平成27年04月分
平成26年06月分
平成25年10月分
平成25年02月分