ホーム > 事業活動(金融機関等向け)  > 投資活動  > 投資手法

事業活動
  当機構は、サブファンドを通じて(または直接)出資をした事業体に対して、サブファンドの運営者と一体となって企業価値を向上させて、黒字化に伴う配当や一定期間後に保有株式を売却することでサブファンドが得た収益(直接出資の場合は機構が直接)から配当を得ることで投資回収を行うことを基本としています。

  投資後は、事業体の事業実施状況をモニタリングしながら、必要に応じて、事業計画の着実な実現に向けて、サブファンドの運営者、外部専門家等と連携し、経営支援を行うこととしています。